人事部の課題を「解説動画」で解決!

企業や団体を支えているのは、言うまでもなく「人」です。そして彼ら、彼女らを支えているのが「人事部」ですが、多くの人に関わることが業務上欠かせないため、そこで働いている方々は、日頃からさまざまな招かざる事態やハプニングに出くわしているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、人事部において動画を活用すべき理由や、動画制作のポイントについて、わかりやすくご紹介します。

時に会社の将来をも左右する「人事部の課題」

例えば、会社の「行動規範」

多くの会社では、業務を遂行するための行動規範や就業規則が定められていますよね。でも、その書類はあまりにも膨大な量で、ほとんどの社員は読む気がしない、あるいはページを開いたことすらない、というのが本音ではないでしょうか。しかし、贈収賄や顧客情報流出など、会社にとって大きな損害となること、場合によっては会社の存続自体にも関わる大事なルールを、社員がきちんと理解していないなんて、見過ごすべきではありません。もし何かあった時に、人事部が責任を追及されることだって、ありえないことではないのです。

「やってはいけないこと」の線引きが明確でなければ、社員が会社の評判や自身のキャリアなど気にもせず、一線を越えてしまうことも簡単に起こりうるでしょう。しかし、会社の行動規範は、たいてい何ページもある本やPDFの中にあるもの。内容も複雑になりがちで、必要となった時に、ページをめくって情報を探すのはとにかく面倒…。

研修や査定も人事トラブルの元…?

また、「新人研修」にも注意が必要です。入社初日に参加した研修の内容が曖昧で、ボンヤリしたものだったら、新入社員は戸惑い、「どうして自分はこの会社に入ったのだろうか」と、不安になる恐れがあります。とはいえ逆に、ひたすら情報を詰め込むだけの研修で迎えられれば、最初からやる気を損ないかねません。

さらに、人事査定でも課題は山積み。例えば、担当業務ではとても有能な社員なのに、いざ査定となると達成結果や努力を成果シートで具体的に表現できなかったり、面談も言葉足らずで真意が伝わらなかったり…。結果、査定が悪くなってしまい、会社に不満を持たれてしまうことも。

どれも、よく起こりがちな人事部の課題ですが、会社にとって理想的な状態ではありません。しかし、どうすればよいのでしょうか?

解説動画を活用することで誰もが「よい人事」に

こんな、解決が不可能とも思える人事部の課題も、ちょっとしたコツで糸口がみえてきます。それは、短くてシンプルな「解決動画」を活用すること!

資料を何十分もかけて読み通すのは手間かもしれませんが、3分の動画ならどうでしょう? 解説動画を使った学習方法は、大勢の相手へ複雑なトピックを伝える際にとても効果的です。そしてインタラクティブなレクチャーも、会社のWebサイトやYouTubeなど、幅広いプラットフォームを使うことで、いつでも簡単に利用可能です。

そして解説動画には、集中して見てもらうための工夫が活かされています。その一つが「ストーリー」を取り入れること。どんなに難しいテーマでも、主人公のいるストーリーを組み込むことで見る人を引き込み、伝えたいメッセージを伝えられるのです。新人研修であれ、他の能力開発研修であれ、はたまた新しく導入する制度について伝えたい時であれ、すべてカバー可能!

そもそも動画は、文章に比べてサイト閲覧者の負担が少ないことが特徴です。特に現代を生きる人々にとって、文章を読むこと自体がストレスになりやすく、また、文字だけでは理解しづらい内容についても、映像と音声を交えた動画であれば理解しやすいのです。

人事向けの解説動画を製作するときに注意すべきこと

でも、動画なんてつくったことがない、どうつくればよいのかわからない…という方もいらっしゃるのでは。そこで「よりよい解説動画」をつくるために知っておくべきポイントをご紹介します。

まず、意識することは「制作する目的を明確にする」こと。動画を制作する場合は、あらかじめ目的を明確にした上で、必要な表現や手法を選択したり、組み合わせたりすることが重要。その結果、狙い通りの作品に仕上げることができるでしょう。

例えば、派手な演出やBGM、豪華な出演者などによるイメージやインパクトを重視した動画をつくれば、社員の興味を引くためのフックとしては機能するでしょう。でも、その一方で本当に伝えたいトピック、つまり就業規則や研修内容への理解をうながすことはできません。

対して、解説動画は、より本質的な内容を伝えることに向いています。ルールやコンプライアンス、仕事をするうえでのノウハウなど、口頭や文章だけではどうしても伝えきれないことを簡潔にまとめる面で、非常に効果的なのです。

ただし、全ての場合においてイラスト中心の解説動画がよく、イメージ重視や実写の動画が悪いわけではありません。例えば、社長メッセージや社員インタビューなどに感する動画をつくる場合は、実写での撮影が必須となります。どちらの動画も特徴が異なるので、目的や用途によって使い分けることがポイントです。

まとめ

さて、人事部が動画を使うメリットがおわかりいただけたでしょうか。解説動画は、すべての人事担当者にとって使いやすく、有効活用できる貴重なツールになりえます。社員はメッセージをしっかりと受け取り、あなたは会社で一目置かれる存在になるでしょう。

そして、「解説動画」を専門に制作するsimpleshowならではのメソッドを用いた白黒の動画は、情報を長く記憶に留めるのに役立つと言われています。色とりどりに装飾された資料とは違い、視聴者の気を散らすことなく、重要な情報を脳に定着させることができるのです。

あなたもsimpleshowの「解説動画」で、人事部の課題をシンプルに解決してみませんか?

どんな複雑なトピックも分かりやすい3分の動画に

私たちsimpleshowは、「解説(説明)動画」のプロフェッショナルです。これまでに、企業や団体の「複雑なトピックを説明したい」というニーズに応えて、世界で1万本以上の動画を制作してきました。

説明動画は「視聴者が理解できる」ことに最大の価値があると考えています。

もしあなたが…

・社内ルールをスタッフに効率よく伝えたい
・会社の研修にeラーニングを導入したい

といったことをご検討中なら、ぜひ私たちsimpleshowにご相談ください。もちろん、相談は無料でお受けしております。

その他の解説動画の活用方法

商品説明

 

説明動画を作る上で最も重要なことは「視聴者が理解できる」ことです。加えて、制作を依頼する際には、再現性のある方法論や制作事例を踏まえ、信頼できる制作会社を選びましょう。当社のこれまでの経験を踏まえて、制作を依頼する際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

採用

 

自社を理解してもらうことや、採用を目的とした動画を活用する企業が増えてきています。動画制作にはコストが発生するにもかかわらず、なぜ企業は動画を取り入れ始めているのでしょうか。採用活動における動画の活用目的や制作する際のポイントを解説します。
.

社内研修

 

対面研修のための時間確保や準備コストが課題になっている場合は、解説動画を使うことで受講者にも講師にも負担が少ない研修ができるでしょう。解説動画のリーディングであるsimpleshowのノウハウを織り交ぜながら、研修動画を制作するコツをお伝えします。

その他の解説動画の活用方法

商品説明

 

説明動画を作る上で最も重要なことは「視聴者が理解できる」ことです。加えて、制作を依頼する際には、再現性のある方法論や制作事例を踏まえ、信頼できる制作会社を選びましょう。当社のこれまでの経験を踏まえて、制作を依頼する際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

採用

 

自社を理解してもらうことや、採用を目的とした動画を活用する企業が増えてきています。動画制作にはコストが発生するにもかかわらず、なぜ企業は動画を取り入れ始めているのでしょうか。採用活動における動画の活用目的や制作する際のポイントを解説します。
.

社内研修

 

対面研修のための時間確保や準備コストが課題になっている場合は、解説動画を使うことで受講者にも講師にも負担が少ない研修ができるでしょう。解説動画のリーディングであるsimpleshowのノウハウを織り交ぜながら、研修動画を制作するコツをお伝えします。

広報・PR

 

PR動画は、その用途や目的も多岐にわたります。そのため、制作をする前には「どのような目的で」「誰に対して」動画にするのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることではじめて、PR動画が課題解決の手段として機能します。PR動画について、事例を交えて詳しく解説します。

広報・PR

 

PR動画は、その用途や目的も多岐にわたります。そのため、制作をする前には「どのような目的で」「誰に対して」動画にするのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることではじめて、PR動画が課題解決の手段として機能します。PR動画について、事例を交えて詳しく解説します。

お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 03-6447-4485
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。

[recaptcha]