動画を使った研修が対面より優れている理由 2018.4.13

ルールの徹底やノウハウ共有など、企業が行う社内研修は仕事の質や効率を上げるために欠かせないことの一つです。

その一方で、準備時間に手間がかかることや、受講者の拘束時間などが悩みの種にもなります。

こうした悩みを解決する手段として、動画を使った研修(ビデオラーニング)が有効です。

動画は一度制作してしまえば、講師が同じ内容を繰り返して話す必要がなく、受講者も時間や場所を選ばずに視聴することができます。また、話を聞くことや文字を読むこととは違い、実写やアニメなどの映像を使うことができるので、受講者にとって、より定着しやすい研修にすることも可能です。

しかし、研修動画はただ作ればいいというわけでもありません。

研修を動画にしたことで「内容が分かりにくくなってしまった」「ちゃんと最後まで動画を見てもらえない」といったことが起きてしまっては本末転倒です。

「仕事の質や効率を上げる」という研修本来の目的をかなえるためには、どのようなことに気をつけて研修動画を作ればよいのでしょうか。

この記事では、研修など視聴者に説明・解説をするシーンに適した「解説動画」と呼ばれる動画を専門にしている私たちsimpleshowのノウハウを織り交ぜながら、そのコツをお伝えします。

また、最後にはsimpleshowの解説動画を研修に使った事例も紹介しています。少し長い文章ですが、ぜひ気になったトピックだけでも読み進めてみてください。

企業研修に動画を使うことで解決できる3つの課題

まずは、動画を使った研修に、どのようなメリットがあるのか整理してみます。

対面での研修を行う際には、以下のようなことが課題として挙げられます。動画研修にすることで、これらの課題を解決することができます。

  • 受講者の通常業務への影響
  • 研修を行う側にかかる負担
  • 研修内容の属人化

受講者の通常業務への影響

一番に挙げられる課題は、受講者の通常業務への影響です。

研修を受けさせる際には、受講者が抱えている別の仕事をストップさせたり、まとまった時間を拘束しなければならないなど、時間的な負担があります。

また、通常業務の優先順位が高くなりがちで、必要とは分かっていてもなかなか研修の予定を組むことができないケースもあります。

例えば全国各地の営業支社や生産拠点などの社員に対して研修をする際などは、まさにこうした問題に直面します。

実際に、動画研修を導入する前は、研修のために工場のラインを一時的に止めて社員を集めていたり、わざわざ本社に出向いて研修を受ける、ということをしていた企業もあります。

研修動画を活用する場合は、受講者それぞれの都合に合わせて受講ができるので、社員ごとの空き時間などをうまく利用することができます

研修をする側にかかる負担

受講者だけでなく、研修をする側の負担も課題です。

単に決まった時間・場所で話をすることの他にも、受講者の時間調整・場所の確保といった調整業務や、配布物・スライド資料作成などの準備、場合によっては支社への移動なども発生します。また、外部講師を招いた研修を行う際はその調整なども必要です。

特に定期的に行う研修や、内容が定型化した研修では、こうした準備に毎回時間を使うのは仕事の無駄が増える原因にもつながります。

また、冒頭で挙げたように毎回同じことを話すだけの場合は、講師にとっては新たな内容がなく、苦痛な時間になりかねません。これは見過ごされがちな点ですが、研修自体の質が下がる原因にもつながります。

研修内容の属人化

もう一つ、講師側の問題として挙げられるのが、属人化です。

大きく分けると「研修をできる人が少ない」ことと「講師によって研修内容に差が出てしまう」ことの2つが課題です。

研修が属人化してしまうと、実施できる回数・場所などが制限されてしまいます。また、人手不足や適任者がいないなど、代理の人を立てづらいこともしばしばあります。

研修動画を制作するときの注意点

時間や場所といった課題の解決はもちろんですが、研修動画の目的は「視聴者が内容を理解し、業務に生かせること」であることを忘れてはいけません。

simpleshowが培ったノウハウも踏まえて、研修動画を作るときの注意点を3つ紹介します。

できる限り文字を使わない

費用や時間など、コストをおさえて動画を作るときに起こりがちなのが、文字の多用です。

動画のメリットは視覚・聴覚両方に訴えかける演出・表現ができることです。しかし、そうした演出・表現をするための実写映像やアニメーションが用意できない場合は、文字に頼ることになり、結局は書類と同じような「読んで理解する」映像になってしまいます。

実際によくあるのは、それまで講師が研修で使っていたスライド資料を制作会社に渡し、BGMや読み上げを入れて映像をつなげていくパターンです。

動画の長所を生かせないばかりか、文字ばかりのプレゼン資料と同じように内容が頭に入りにくく、受講者が退屈してしまうため、文字に頼りすぎた動画は逆効果です。

実写は要注意

文字情報中心のスライド映像とはある意味で対極にありますが、実写にする場合も注意が必要です。

実写で制作する前に知っておきたいのは、「精巧に作らなければ視聴者の違和感を生んだり、しらけさせてしまう原因になる」ということです。

例えばショートドラマ形式にするなど、分かりやすくなるだろうと思って実写を採用した場合でも、この違和感のせいで伝えたいこと自体に注意がいかないおそれもあります。

具体的には、以下のようなものがその代表的なケースです。

内容自体ではなく、映像の風化による違和感

みなさんも経験があるかもしれませんが、一昔前のミュージックビデオやテレビ番組などを見返したときに、なんとも言えない恥ずかしさのような感覚を覚えたことがないでしょうか。

研修用の動画であれば、運転免許の教習所の講習ビデオなどはその分かりやすい例です。
内容自体ではなく、どこか古臭い映像のせいでいまいち自分ごととして見ることができない、あるいはちょっと斜に構えて見てしまう。そんな経験をしたことがある方も多いはずです。

これらが映像の制作時点から時間が経つことで違和感が出てしまう例です。

特に研修用の動画を作る場合、コストなどの面から一度作ったものを何年も使い続けることが考えられます。

本来であれば、内容が変わらない限り同じものを使い続けることに問題はありません。しかし、映像が風化することによって、研修の中身自体も陳腐化しているような印象を与えてしまいます。

細部の違いによる違和感

例えば社内での様子を再現するために、オフィス風のスタジオで撮影をしたり、俳優に自社の制服を着せたりすると、視聴者の違和感を生んでしまうことがあります。

もし仮に、オフィスのシーンで自社を使った撮影をしても、視聴者は無意識のうちに「いつもより机がきれい」「人が少ない」などの細かい部分に気を取られてしまい、映像を通して伝えたいこと(研修内容)が二の次になってしまうおそれがあります。

しかし、こうした場合は細部がきちんと表現できなければ、視聴者は間違い探しのように細かな違いが気になってしまいます。

この原因には、人間の五感が、無意識なものも含めて想像以上に多くの情報を受け取っていることが関係しています。

音や何かを触った感触、匂いなど、細かな部分まで実体験や現実世界に近くなるほど、そこにリアルさを感じ取ります。

視覚も同じで、例えばフルHDの映像と低解像度の映像を見比べたときに臨場感が違うように感じられるのは、細部の表現度に違いがあるからです。VRを使った360度映像も、背後や上下など、現実の視野を再現していることがリアルさを演出している理由の一つです。

映像としてのインパクトを出しすぎない

上でも書いたように、研修動画の目的は受講者が内容を理解し、業務に生かせることです。

同じ動画でも、動画広告のように再生をスキップされないためにインパクトで勝負する場合と研修動画とでは、目的や性質が異なります。

CMのように特定の部分だけに注意を引きつけてしまうと、動画全体の一連の流れを通した内容を理解することが難しくなってしまいます。

これは音楽やCGなどを使った演出をする場合はもちろん、例えば自社のCMで使っているタレントを登場させるなどの場合も、そうした影響が出る可能性があります。

研修用の動画はCMとは目的が異なるので、インパクトのある映像を作ることはおすすめできません。

制作会社を選ぶための判断基準

研修動画を作る場合、制作会社に依頼することが多いでしょう。その際には、注意点に加えて以下のような観点を持つことがポイントです。

依頼に忠実なだけではなく、客観的な視点や解釈を入れてくれるかどうか

一つは、制作会社がテーマに対して客観性を持った視点や解釈を加えてくれるかどうかです。

発注する側である企業や担当者は、良くも悪くも自社の研修内容に慣れてしまっています。そのため、初めて受講する人にとっては重要なことや気になることなどを、無意識のうちに省いてしまう傾向があります。

そのため、制作会社が第三者の視点を持って、ヒアリングや情報整理を行ってくれるかどうかが、動画の仕上がりを大きく左右します。

制作の現場ではよくあることですが、オリエンテーション時など、制作スタートの段階から核となるメッセージやテーマが定まっているのはまれです。

それにもかかわらず、発注者が伝えた情報に対して、第三者としての解釈や質問があまりない場合は、客観性が欠けたまま制作が進む可能性があります。

上がってきた企画案や打ち合わせ段階でのやりとりから、単に言われたことだけで完結させない姿勢があるかどうかを判断するようにしましょう。研修を受ける人の立場になって、本当に理解しやすい動画を発注者と一緒に作り上げていくスタンスが理想的です。

芸術性やアイデアではなく「理解しやすさ」の方法論があるか

内容の客観性と同じく重要なのが、構成です。

特に研修を目的とした場合は、表現の美しさやアイデアのおもしろさよりも、理解しやすいことに価値があります。

これもいわゆるクリエイティブ業界にはよくある話ですが、こうした構成スキルは属人化しがちです。有名な制作会社であっても、スタッフによって作風が異なることもあるので、研修動画に向いた構成ができるかどうかを確認することもポイントです。

具体的には、研修動画の実績がどのくらいあるかを確認することがもっとも分かりやすい方法です。また、再現性がある方法論を持っているかどうかを聞くことも良いでしょう。

simpleshowの解説動画が企業の研修で使われている理由

私たちsimpleshowは「解説動画」とよばれるジャンルだけに特化して、動画制作を行っています。

ドイツでスタートし、現在は世界に10拠点を展開していますが、科学的な実証実験・研究などもふまえて、どのような文化圏・言語でも通用する「分かりやすさ」を日々追求し続けています。

この「分かりやすさ」をモットーとしたsimpleshowの解説動画は、研修用の動画にも応用することができます。実際に、多くの企業の研修動画として活用されてきました。

もちろん私たち以外にも解説動画に実績のある制作会社はいくつかありますが、simpleshowならではの特徴について、ご紹介します。

行動喚起をさせるためのストーリー構成

一番の特徴は、どのようなジャンルやトピックであっても通用するストーリー構成のフォーマットを持っていることです。

解説動画の中には、例えばインフォグラフィックス動画のように、見せ方に工夫をこらすことで複雑な内容を理解しやすくしているものがあります。simpleshowの解説動画では、ストーリーがその役目を果たします。

原則として、必ず主人公が登場し、主人公が課題にぶつかりながら解決していく、というストーリーを採用しています。

これによって、研修内容やテーマに対してより納得感を持たせることができます。

具体的には、ストーリー形式にすることで、以下のようなことを自然な流れの中で整理することができます。

  • 何が課題になっているか(現状把握)
  • なぜ課題を解決する必要があるか、解決すると何が得られるか(背景理解)
  • どのように課題を解決するか(行動喚起)

 

研修の内容を他人事として受け取るのではなく、自分ごととして捉え「この動画を見た後に自分が何をすべきなのか」を明確にさせることができます。

研修だけに集中ができるように設計された必要最低限の情報

simpleshowのもう一つの特徴は、独自のイラストを使っていることです。

グラフや図表だけでは表しきれないことや、形がなかったり複雑なものを動画で説明するためには、ストーリー構成の工夫だけでは不十分です。

そのために私たちが意識しているのは、視聴者に与える情報量をコントロールすることです。

制作時の注意点で挙げたように、実写や派手な演出は、ときに視聴者の注意を話題そのものから逸らせてしまい、研修本来の目的が果たせない可能性があります。

つまり、説明されている内容を理解するためには、必要最低限の視覚情報だけを効率よく見せれば十分なのです。

simpleshowでは、要素を少なくした必要最低限のイラストやシンボルを使うことにより、脳に余計な情報が入ってしまうことを避けています。シンボル化されたイラストは脳で単なる記号として認識されるため、研修内容そのものに集中できます。

例えば、以下の画像を見比べてみてください。

これはどちらも「何かに困っている女性」です。

もし動画やスライドの中で、登場人物が単に困っていることだけを伝えたい場合、どちらの画像を見せた方が良いのでしょうか。

私たちの研究の結果によると、右のようなイラストを使ったほうが「意味そのもの」(この場合は「困っている様子」)への理解度が高まることが分かっています。

左のような実写を使うと、インテリアや机の上で丸められた書類などの背景、人物の顔立ちやファッションなど、脳がいろいろな情報を無意識に受け取り、解釈をします。

例えば「何度も紙を丸めてイライラしているのかな?」「頭を抱えるくらい煮詰まっているのかな?」など、視聴者に”言外の意味”を感じさせてしまう映像は、雑念や余計な情報が入ってしまいます。

さらに、以下のイラストを見比べてみてください。

話の流れにもよりますが、場面によっては人物すら必要ないこともあります。
その場合は、右のようにクエスチョンマークを画面中央に置くだけで意味が伝わります。

このように「最小限のインプットで視聴者のイメージ・理解を最大限に引き出すこと」は、私たちがもっとも得意とすることの一つです。

スタッフ個人の能力に依存しない、安定した品質

simpleshowの制作プロセスは、ドイツであれ日本であれ全て同じです。スタッフの経験や能力など、属人的な部分に左右されないので、常に一定以上の品質を担保することができます。

こう聞くと、作る動画に個性がないような印象を抱く方もいるかもしれません。

ですが、私たちは制作プロセスを共通化させることで、ストーリーの味付け・テーマの紐解き方など、プラスアルファの部分でスタッフのクリエイティビティを発揮させています。

実は当社以外にも、映画業界でこうした仕組みを取り入れている制作会社があります。同社も全社共通の制作プロセスを導入することで、常に一定以上のクオリティを保ちながら作品を生み出しています。

simpleshowで研修動画を制作した企業の成功事例

最後に、研修動画にsimpleshowを使った企業の事例をいくつか紹介します。

業界や部署を問わず、さまざまな目的を持った研修の中で、私たちの解説動画が使われています。

歩合制セールスマン向けの営業研修

歩合制を取り入れていた営業部門で研修動画を使った例です。

営業成績トップと最下層では、10倍以上の開きがありましたが、動画研修によってその差を縮め、部署全体の底上げに成功しました。

実はこの企業は、東南アジアのある国にオフィスを構えており、その土地ならではの事情がありました。それは、社員の教育レベルがバラバラだったことです。

書類や小冊子など文字だけで情報をまとめてしまうと、一部の社員が理解できないことが課題になっていました。また、社員間のレベルの差が大きいため、一斉に同じ研修をすることも非効率な状況でした。

そこで同社ではトップ営業マンの仕事のしかたを動画にまとめ、底上げが必要な社員に見せました。simpleshowは複雑な表現、文字などを使わないため、どの社員にも対応でき、なおかつ理解するまで何度も見返せる資料を作ることができました。

グループ会社を多く抱える企業のコンプライアンス研修

グループ全体で統一したコンプライアンス基準を伝えるために、ある企業では研修する側に大きな負担が発生していました。

この企業では新卒社員の一斉研修に加え、毎月入社する中途社員のオリエンテーションなど、同じ話を年に何度も行っていました。この準備・研修時間のコストを軽減するために、これまでの講師が話す形式の研修から、simpleshowの動画を使った研修にシフトしました。

simpleshowの動画を導入する前は、文字情報を中心にして作られた10分程度のスライド映像を流したあとに講師が口頭説明をするスタイルでしたが、途中で居眠りをして聞いていない人がいることも課題となっていました。

simpleshowを使うことで同じ研修内容がわずか3分になり、これまでの研修時間3分の1以下に削減できました。さらに、ストーリー形式の映像により、社員への周知度も高めることにも成功しました。

また、これまでスライド映像の作成に使っていた膨大な時間もゼロになったそうです。

グローバルなメーカー企業の技術者研修

技術者向けの研修でも、simpleshowが使われています。

この企業は世界各地に生産拠点(工場)を構えており、作業中断によるコストから講師の派遣まで、研修をいかに効率化させるかが課題でした。

simpleshowの解説動画を使うことによって、まずは工場のバックヤードで研修内容を流すことができるようになりました。スタッフがそれぞれの空き時間を使って研修を受けることができ、全拠点で研修自体が1カ月以内に完了しました。

さらに、simpleshowは多言語対応も可能なため、グローバル企業での研修にも向いていることが特徴です。

同じ映像に対して、複数の言語でナレーションや字幕を入れることができるため、制作コストを抑えることもできました。

まとめ

研修動画は、受講者・講師どちらの負担も軽減することができます。特に、対面研修のための時間確保や準備コストが課題になっている場合は、動画を使うことで受講者にも講師にも負担が少ない研修ができるでしょう。

しかし、注意点や発注先の判断基準でも紹介したように、研修としての目的を果たせる動画を作るためには、おさえておくべきことがいくつもあります。

いつでも・どこでも見ることができて、分かりやすく簡潔な研修動画にするために、ぜひこの記事で紹介したポイントを踏まえて制作を行ってみてはいかがでしょうか。

研修動画は「視聴者が内容を理解し、
業務に生かせる」ことに価値がある

私たちsimpleshowは、どんな複雑なトピックでも、分かりやすい動画にすることで、これまで世界中の企業・団体から支持されてきました。

これまで多くの企業や地方自治体とのお取り組みをする中で、分かったことがあります。

研修動画の本質は、「視聴者が内容を理解し、業務に生かせること」にあるということです。

もしあなたが研修動画を作る上で、

・研修内容は毎回同じなのに、その度に準備が必要になる
・まとまった時間を確保しないといけないため、受講者の通常業務に支障がでる
・研修をできる人が少ない、講師によって研修内容に差が出てしまう

などのお悩みをお持ちの方は、ぜひ解説動画のプロフェッショナルであるsimpleshowにご相談ください。相談は無料でお受けしております。

その他の解説動画の活用方法

商品説明

 

説明動画を作る上で最も重要なことは「視聴者が理解できる」ことです。加えて、制作を依頼する際には、再現性のある方法論や制作事例を踏まえ、信頼できる制作会社を選びましょう。当社のこれまでの経験を踏まえて、制作を依頼する際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

採用

 

自社を理解してもらうことや、採用を目的とした動画を活用する企業が増えてきています。動画制作にはコストが発生するにもかかわらず、なぜ企業は動画を取り入れ始めているのでしょうか。採用活動における動画の活用目的や制作する際のポイントを解説します。

マーケティング・宣伝

 

マーケティング施策の一環として、動画を活用する事例が増えています。この記事では、マーケティングとして動画活用を検討している方に向けて、動画活用が進んでいる背景やメリットをご紹介します。これらを正しく理解し、マーケティング活動の参考にして下さい。

広報・PR

 

PR動画は、その用途や目的も多岐にわたります。そのため、制作をする前には「どのような目的で」「誰に対して」動画にするのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることではじめて、PR動画が課題解決の手段として機能します。PR動画について、事例を交えて詳しく解説します。

その他の解説動画の活用方法

商品説明

 

説明動画を作る上で最も重要なことは「視聴者が理解できる」ことです。加えて、制作を依頼する際には、再現性のある方法論や制作事例を踏まえ、信頼できる制作会社を選びましょう。当社のこれまでの経験を踏まえて、制作を依頼する際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

採用

 

自社を理解してもらうことや、採用を目的とした動画を活用する企業が増えてきています。動画制作にはコストが発生するにもかかわらず、なぜ企業は動画を取り入れ始めているのでしょうか。採用活動における動画の活用目的や制作する際のポイントを解説します。

マーケティング・宣伝

 

マーケティング施策の一環として、動画を活用する事例が増えています。この記事では、マーケティングとして動画活用を検討している方に向けて、動画活用が進んでいる背景やメリットをご紹介します。これらを正しく理解し、マーケティング活動の参考にして下さい。

広報・PR

 

PR動画は、その用途や目的も多岐にわたります。そのため、制作をする前には「どのような目的で」「誰に対して」動画にするのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることではじめて、PR動画が課題解決の手段として機能します。PR動画について、事例を交えて詳しく解説します。

お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 03-6447-4485
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。