大公開! eラーニング成功の秘訣

インターネットが普及するにつれて「勉強」の形は大きく変わり、「eラーニング」が学習の現場でも一般的なものになってきました。これからは学習現場のみならず、ビジネスの研修など、ますます広く使われていくことでしょう。

乗り越えるべき問題もあるにはありますが、今のところ、学習のサポートや従業員の研修、知識の効率的な共有といった点においては、教室や会議室での講義よりもeラーニングの方が優れていると言えます。

そもそも「eラーニング」とは? そのメリットは…

まず「eラーニング」が何かを確認しておきましょう。「eラーニング」とは、例えば講師の動画と音声をオンラインで視聴可能にした、学習サポートなどのことを言います。多くのeラーニングは、インターネット上に格納された学習管理プラットフォームを使い、学習者に提供されます。

ではなぜ、リアルの講義と比べて、eラーニングの方にメリットがあるのでしょう? 簡単にご紹介します。

まず、eラーニングなら、受講者が教室などへ出向く必要がありません。つまり、移動にかかる時間も、学習にあてることができます。日々、仕事に追われる社会人が受講する場合、これは大きなメリットです。そして、もちろん交通費も不要になりますし、移動に伴う二酸化炭素削減にも貢献できますね。

また、「eラーニング」では勉強用に編集された教材を使い、講師の質に影響されることがありません。つまり、学習内容の品質を一定に保つことができるのです。しかも、それを何度でも、複数の受講者へ、それも数人といった単位ではなく、場合によっては数千人、数万人へ向けて一斉に伝えることも可能。これは、教える側の負担を大幅に軽減することにもつながります。

よいことづくめのように見える「eラーニング」ですが、その一方で注意すべきポイントもあります。eラーニングシステムを構築するには、当然ながら技術面や金銭面でのリソースが不可欠。また、インタラクティブな学習形式にするのはさらに難しく、より高額な費用や準備期間も必要です。濃密なコミュニケーションを重視する学習内容には、eラーニングは不向きとも言えます。eラーニングを導入する際は、伝えたい内容に合った使用法をしっかりと考えて、有効に活用しましょう。

「eラーニング」の効果を最大限に引き出すために

さぁ、あなたも「eラーニング」の導入に挑戦してみませんか!? と、言うには、まだ早い。

もっとも大事なのは、配信する講義の内容です。受講生に対して一方的なコミュニケーションになってしまったら、そもそもの目的を達成することはできないでしょう。人間の集中力は、それほど長く持ちません。しかも、講義の内容に興味を持つことができなかったら…あっという間に投げ出されてしまいます。目の前に講師がいるわけではないeラーニングでは、勉強を始めるのも止めるのも受講者の気分次第。内容が「わかりやすい」ことはもちろん、講義を行う目的に受講者を「理解・共感」させて、さらに「興味」を持続させ続けることが肝心なのです。

そこで活用をおすすめしたいのが、短くシンプルな「解説動画」。教えたい内容の理解を助けるノウハウで、トピックがコンパクトにまとめられるだけでなく、情報をしっかりと伝えながら、視聴者の関心をかきたてることができます。また、講義自体のコンテンツとしてはもちろん、eラーニングを受講するうえでの注意点や、その目的などを伝える際にも解説動画は便利。しっかり共感してもらえるので、一石二鳥です。

それでは、eラーニングにおける「解説動画」のオススメ活用法をご紹介します。

 

①学習の目的を明らかにする

 

受講者の意欲を高め、そしてモチベーションを保ち続けてもらうには、そもそもなぜ学習をする必要があるのか? その目的を明確にして、納得してもらわなければいけません。例えば、ビジネス研修でeラーニングを活用するなら、学習内容が組織の中でなぜ必要となるのかという、理由を共有することが不可欠。

そこで、概念や目的など、抽象的な物事を共感させることが得意な「解説動画」が有効に。eラーニングとも相性のよい「動画」と「音声」を使って、受講者がすべきことを効率的に理解させ、意思の統一とモチベーションアップを図ることが可能です。

②受講者の興味を引く

 

せっかく手間と時間をかけてまとめた講義でも、受講者が飽きて、eラーニングを途中で投げ出してしまっては元も子もありません。そんな事態を防ぐためには、情報の質は落とさないまま、できるだけコンパクトにまとめることが重要です。これらの課題も、「解説動画」でクリアできます。

解説動画は、難しい内容であっても、誰でも理解できるシンプルなイラストをアニメーションで動かすことで、わかりやすく、しかも短時間で伝えることに特化しています。そして、見る人の注意を引き、飽きることなく最後まで見続けてもらうことができるのです。

 

③受講のストレスを和らげる

 

受講者の多くは、「新しいツール」としてeラーニングにふれます。別のeラーニングにふれた経験はあったとしても、システムやインターフェースは違っていることがほとんどでしょう。そもそも「学習」自体のハードルが高いので、余計なストレスはできるだけ排除したいところ。「新しいものに触れる」際に受ける精神的ストレスにも、注意深く配慮しないといけません。でも、どうすれば? この新しい学習環境を身近に感じてもらうための「導入」を設けるのです。

例えば、丁寧なイントロダクションページをつくったりするのもよいでしょう。そしてそこに「何を学べるのか? 」や「操作は簡単!」といった、受講者の疑問を解消したり、メリットを伝えたりする「解説動画」があると、たった数分の動画で、受講者のeラーニングに対する意欲を高めることができます

まとめ

ここまで読んでいただいたあなたには、既にeラーニングの運用を成功させるノウハウが身についているはず! でも、eラーニングのことはわかったけど、そこで使う解説動画はどうつくればいいのかわからない……という方は、ぜひ私たち、simpleshowへご相談を。

simpleshowは、2008年にドイツで創業した動画制作のグローバル・カンパニーです。“世界のすべてをシンプルに”をコンセプトに、独自で開発した解説の手法を用いて、クライアントの複雑なサービスや情報をわかりやすく伝える動画を企画制作しています。「解説動画」を専門に制作するsimpleshowならではのメソッドを用いた動画は、情報を長く記憶に留めるのに役立つと言われています。たった数分で、難しいトピックを理解・共感してもらうことができるのです。

あなたもsimpleshowの「解説動画」で、教えたい内容がわかりやすく伝わるeラーニングを実現させてみませんか?

どんな複雑なトピックも分かりやすい3分の動画に

私たちsimpleshowは、「解説(説明)動画」のプロフェッショナルです。これまでに、企業や団体の「複雑なトピックを説明したい」というニーズに応えて、世界で1万本以上の動画を制作してきました。

説明動画は、「視聴者が理解できる」ことに最大の価値があると考えています。

もしあなたが…

・eラーニングサービスを提供したい
・会社の研修にeラーニングを導入したい

といったことをご検討中なら、ぜひ私たちsimpleshowにご相談ください。もちろん、相談は無料でお受けしております。

その他の解説動画の活用方法

商品説明

 

説明動画を作る上で最も重要なことは「視聴者が理解できる」ことです。加えて、制作を依頼する際には、再現性のある方法論や制作事例を踏まえ、信頼できる制作会社を選びましょう。当社のこれまでの経験を踏まえて、制作を依頼する際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

採用

 

自社を理解してもらうことや、採用を目的とした動画を活用する企業が増えてきています。動画制作にはコストが発生するにもかかわらず、なぜ企業は動画を取り入れ始めているのでしょうか。採用活動における動画の活用目的や制作する際のポイントを解説します。
.

社内研修

 

対面研修のための時間確保や準備コストが課題になっている場合は、解説動画を使うことで受講者にも講師にも負担が少ない研修ができるでしょう。解説動画のリーディングであるsimpleshowのノウハウを織り交ぜながら、研修動画を制作するコツをお伝えします。

その他の解説動画の活用方法

商品説明

 

説明動画を作る上で最も重要なことは「視聴者が理解できる」ことです。加えて、制作を依頼する際には、再現性のある方法論や制作事例を踏まえ、信頼できる制作会社を選びましょう。当社のこれまでの経験を踏まえて、制作を依頼する際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

採用

 

自社を理解してもらうことや、採用を目的とした動画を活用する企業が増えてきています。動画制作にはコストが発生するにもかかわらず、なぜ企業は動画を取り入れ始めているのでしょうか。採用活動における動画の活用目的や制作する際のポイントを解説します。
.

社内研修

 

対面研修のための時間確保や準備コストが課題になっている場合は、解説動画を使うことで受講者にも講師にも負担が少ない研修ができるでしょう。解説動画のリーディングであるsimpleshowのノウハウを織り交ぜながら、研修動画を制作するコツをお伝えします。

広報・PR

 

PR動画は、その用途や目的も多岐にわたります。そのため、制作をする前には「どのような目的で」「誰に対して」動画にするのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることではじめて、PR動画が課題解決の手段として機能します。PR動画について、事例を交えて詳しく解説します。

広報・PR

 

PR動画は、その用途や目的も多岐にわたります。そのため、制作をする前には「どのような目的で」「誰に対して」動画にするのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることではじめて、PR動画が課題解決の手段として機能します。PR動画について、事例を交えて詳しく解説します。

お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 03-6447-4485
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。

[recaptcha]