クラウドファンディングを実現に導く方法

新たな製品やサービスの開発と提供、起業、イベントの開催や芸術活動、まちおこしなど、さまざまな企画の魅力を社会にアピールして協力者を見つけるため、「クラウドファンディング」が活用されることが増えています。皆さんも、一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?

本題の前に、そもそも「クラウドファンディング」とは何かを、まずご説明しましょう。不特定多数の人から少しずつ資金を集め、新しいベンチャー事業に役立てることです。多くの場合は、インターネット上で投資家や投資をしてくれる一般ユーザーを引きつけ、プロジェクトへ実現への協力を呼びかけます。

しかし、すべてのプロジェクトが実現するわけではありません。目標金額に到達することができず、いわゆる「企画倒れ」のような結果に終わることも珍しくないのです。そのうえ、クラウドファンディングがより一般的になるにつれ「挑戦者」も増えており、どんなによいプロジェクトであっても、その他多くの企画の中に埋もれてしまう可能性が高くなっています。

そこで重要となるのが、企画内容のみならず、その魅力をいかにわかりやすく、印象的に伝えるか。さらに、クラウドファンディングはインターネット上で展開することが多いため、オンラインで、且つ短時間のうちに、企画の趣旨を伝えることが求められます。そこでおすすめしたいのが「動画」を有効に活用すること。

クラウドファンディングを成功させる4つのポイント

オンラインでアイデアをアピールする場合、小難しいコンセプトや技術に関する情報を、テキストで長々と説明するのはご法度です。なぜか? インターネット上では既に「文字を読む」こと自体が敬遠されるうえ、さらにその内容が難しいとなると、見出しに興味を持ってくれたとしても、ウィンドウをすぐ閉じられてしまうため。そこで「動画」の出番なのです。

クラウドファンディングを成功させるために使う動画は、とにかく「わかりやすさ」が重要。とはいえ、クラウドファンディングで投資を募るために動画を制作した経験がある方は、決して多くはないでしょう。また、デジタル動画に関する知識が少なく、どういう動画をつくればよいのかまったくわからない、という方もいるのでは? そこでこの記事では、動画を使って投資家を引きつけ、クラウドファンディングを成功させるための具体的なポイントをご紹介しましょう。

 

①「個性」で心を動かす

 

クラウドファンディングでは、資金集めに挑戦するプロジェクトが増えるにつれ、その中で埋もれないような個性が大切になってきます。そのためには、人が心を動かされ、プロジェクトに加わって資金を提供したいと思うような、アイデアの見せ方を考えなければなりません。

そこで、動画は大活躍。Kickstarterの調査によれば、動画を含んだプロジェクトの約50%が資金を獲得したのに対し、含まないプロジェクトは約30%でした。全体的な成功率は約40%なので、動画を含んだプロジェクトは「平均以上」の成功率と言えます。

 

②「自分らしさ」で信頼を得る

 

人間は、信頼でき、有意義で、共感できるコンテンツに引かれる傾向があります。起業を成功させる重要な要因の1つは「信頼性」。あなたの熱意と物語を真摯に伝えれば、人々は自然に支援したいと感じるでしょう。

動画を制作する際は、支持をしてくれた方にお返しをしたいという気持ちを忘れず、投資家の気持ちに配慮してください。つまり、金額の大小を問わず、あらゆる資金提供がキャンペーンに役立てられることを強調することが大事です。ここでも、動画のメリットが活きます。映像と音声でメッセージを伝えられる動画は、文字だけよりも感情を強く揺さぶることが可能なのです。

 

③「多様性」を恐れずに

 

動画は、さまざまな表現の選択肢があるだけでなく、アレンジも簡単なのが魅力の一つ。必ずしも、自分のありのままの姿を画面に出す必要はありません。例えばsimpleshowでは、どんなに難しいコンセプトでも、過去や未来のどんな登場人物でも、ミクロの世界でも、すべてオリジナルタッチのイラストで描くので、多様で親しみのある表現ができます。

その一方で、難しい内容をしっかり伝えるための論理展開フレームを活用するので、話が脱線したり、わかりにくくなったりする心配もなし。視聴者に伝えたい内容が、どんなに複雑であっても、わかりやすく、そして自然に伝えることができるのです。

 

④「明確さ」も動画の強み

 

動画で見せることで、アイデアをサイトの訪問者が正確に把握しやすくなります。それだけではありません。動画に興味を引かれ、さらなる情報を求めようとする訪問者もいるでしょう。しかし動画ではない場合、訪問者がプロジェクトのさまざまな側面を知るには「詳細ボタン」をクリックする必要が。いくつもの静止画像をクリックするよりも、動画を見た方がプロジェクトを動きとして捉えることができるため、有効であると調査でも明らかになっています。

効果的な動画を制作するためのポイント

さて、クラウドファンディングで動画を活用するメリットがおわかりになりましたか? しかし、ただ動画を作ればよい、というわけではなく、質の低い、または内容のない動画は役に立ちません。動画の利用を検討する際には、いくつかの基本的なことを頭に入れましょう。

 

長さ:

動画は、できるだけ短く、シンプルに、不要な情報を入れないことが重要です。言いたいことがたくさんあるのはグッとこらえて、核となるメッセージから離れず、簡潔な言葉で、視聴者の心をしっかりつかみましょう。

 

きっかけ:

たくさんの投資家をプロジェクトに引きつけるには、動画が始まってからのたった数秒が勝負。興味をそそられるような言葉で、脚本を書き始めることが大事です。

 

脚本:

ストーリー性を持たせるだけで、動画の求心力は飛躍的に向上するでしょう。物語の主人公に視聴者は自分を投影するので、自然と視聴者の共感を呼び、「これは自分に関係があることだ」と思ってもらえます。

 

視覚要素:

ハリウッド映画のように派手な演出は、エンターテイメントとしては楽しめるかもしれません。しかし、何かを伝えるということを目的にした場合、シンプルな記号で示すことが有効。誰もが見たことのあり、一目で何を意味しているのかわかる画像を使いましょう。

まとめ

クラウドファンディングを計画している方は、ぜひここまでにご紹介したポイントを考慮して、プロジェクトを立ち上げてください。動画が、多くの支援者を集め、資金の調達を後押しし、目標の達成を助けてくれるはずです。

そして、もしクラウドファンディングの動画で解説をしたいとお考えでしたら、「解説動画」を専門に制作するプロフェッショナル集団である、私たちsimpleshowへご相談ください。3〜4分という短時間で、プラットフォームを問わず、プロジェクトの魅力をわかりやすく伝えることができます。皆さまのお問い合わせをお待ちしております!

あなたもsimpleshowの「解説動画」で、クラウドファンディングを成功させてみませんか?

どんな複雑なトピックも分かりやすい3分の動画に

私たちsimpleshowは、「解説(説明)動画」のプロフェッショナルです。これまでに、企業や団体の「複雑なトピックを説明したい」というニーズに応えて世界で1万本以上の動画を制作してきました。

説明動画は、「視聴者が理解できる」ことに最大の価値があると考えています。

もしあなたがクラウドファンディングやマーケティングをするために、

・プロジェクトへの理解をより深めてもらいたい
・文章にすると複雑になってしまう事柄や分かりづらい商品・サービスの説明をしたい

などのお悩みをお持ちなら、ぜひ私たちsimpleshowにご相談ください。もちろん、相談は無料でお受けしております。

その他の解説動画の活用方法

商品説明

 

説明動画を作る上で最も重要なことは「視聴者が理解できる」ことです。加えて、制作を依頼する際には、再現性のある方法論や制作事例を踏まえ、信頼できる制作会社を選びましょう。当社のこれまでの経験を踏まえて、制作を依頼する際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

採用

 

自社を理解してもらうことや、採用を目的とした動画を活用する企業が増えてきています。動画制作にはコストが発生するにもかかわらず、なぜ企業は動画を取り入れ始めているのでしょうか。採用活動における動画の活用目的や制作する際のポイントを解説します。
.

社内研修

 

対面研修のための時間確保や準備コストが課題になっている場合は、解説動画を使うことで受講者にも講師にも負担が少ない研修ができるでしょう。解説動画のリーディングであるsimpleshowのノウハウを織り交ぜながら、研修動画を制作するコツをお伝えします。

その他の解説動画の活用方法

商品説明

 

説明動画を作る上で最も重要なことは「視聴者が理解できる」ことです。加えて、制作を依頼する際には、再現性のある方法論や制作事例を踏まえ、信頼できる制作会社を選びましょう。当社のこれまでの経験を踏まえて、制作を依頼する際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

採用

 

自社を理解してもらうことや、採用を目的とした動画を活用する企業が増えてきています。動画制作にはコストが発生するにもかかわらず、なぜ企業は動画を取り入れ始めているのでしょうか。採用活動における動画の活用目的や制作する際のポイントを解説します。
.

社内研修

 

対面研修のための時間確保や準備コストが課題になっている場合は、解説動画を使うことで受講者にも講師にも負担が少ない研修ができるでしょう。解説動画のリーディングであるsimpleshowのノウハウを織り交ぜながら、研修動画を制作するコツをお伝えします。

広報・PR

 

PR動画は、その用途や目的も多岐にわたります。そのため、制作をする前には「どのような目的で」「誰に対して」動画にするのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることではじめて、PR動画が課題解決の手段として機能します。PR動画について、事例を交えて詳しく解説します。

広報・PR

 

PR動画は、その用途や目的も多岐にわたります。そのため、制作をする前には「どのような目的で」「誰に対して」動画にするのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることではじめて、PR動画が課題解決の手段として機能します。PR動画について、事例を交えて詳しく解説します。

お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 03-6447-4485
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。

[recaptcha]