fbpx

絵文字の台頭

21世紀で最も急成長した言語といえば?

英語? スペイン語? 中国語?

正解は絵文字!

ハリウッドで、絵文字を主人公にした映画が制作されるほど、大人気です。

絵文字の台頭は、伝統的な言語学者にとって屈辱でしょう。

しかし多くの人に使われている事実は否定できません。

ではなぜ、絵文字は世界中で使われるようになったのか?

それは、言葉よりシンプルに、そして簡単に、

イメージや感情を伝えてくれるからです。

人類は、古代エジプト、いや、もっと昔の原始時代から、絵で物事を説明してきました。手抜きと言われるかもしれませんが、「うれし泣きしている顔」を挿入するだけで済むことに、長々と感情を表現した文章を書くのは、今も昔も時間の無駄。

イラストは即座に認識され、脳に解読されます。

例えば円の中に斜めの線とのマークがあれば、「犬は禁止」だと分かります。

あるいは、パソコンを使っていてフロッピーディスクのアイコンがあれば、「保存すること」だとわかりますね。

simpleshowがシンプルなシンボルを使うのも、瞬時にメッセージを伝えたいから。

人間の脳は視覚的な刺激にすばやく反応するのです。

米国人のモニカ・ルインスキーさんがガーディアン紙に答えたいじめに関する
コメントは、現代における絵文字の力を見事に物語っています。

「私たちの脳はテキストよりイメージを速く処理します。最速の手助け、つまり短時間で、孤独で悩んでいる人をちょっとだけ良い気分にする方法は、絵文字なんです。」

若い世代は、かつての略語「lol」(=Laugh Out Loud=爆笑)に飽きて、新しい絵文字

にひかれているだけかもしれません。ただ、忘れてはならない事実があります。

オックスフォード辞書で、「2015年の言葉」に選ばれた単語は

何だと思いますか?

…なんとこの絵文字(うれし泣き)、なんですよ!

^A8361A35B5B5FD6EE2E9CF7A0BE510E3ED2CB4323E80B4A97B^pimgpsh_fullsize_distr

絵文字についての解説動画は、こちらからどうぞ!

お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 050-3649-8880
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。