fbpx

SNSマーケティングを成功させる動画とは!?

オンラインビジネスにとって、利用者人口の多いソーシャルメディアは製品やサービスを売り込む絶好のプラットフォーム。

例えば、Facebookの月間アクティブユーザーは22億人(2018年3月)の巨大市場! Twitterの月間アクティブユーザーも、3億2,800万人(2017年4月発表)にのぼります。

ソーシャルメディアには、文章だけでなく、画像や映像などの視覚的コンテンツがあふれ、Facebookでは、動画コンテンツが毎日800万回も閲覧されている、という調査結果も。

このチャンスを、活かさないなんて、考えられません。

つまり、オンライン動画は、企業成長の必須要素と言えるのです!

 

「共感」が生まれる4つのヒミツ

でも、ソーシャルメディアの特性を引き出し、より多くのユーザーにブランドを印象付けられるオンライン動画って? オススメしたいのが、視聴者に共感が生まれるよう設計された「解説動画」です。ソーシャルメディア上で、なぜ「解説動画」が効果的なマーケティング手法として活躍できるのか、4つの理由をご紹介しましょう。

 

  1. ビジネスの目的を伝えられる

ソーシャルメディア上では、多くの人が「文章を読む」ことに積極的ではありません。また読んだとしても、人によって解釈が異なってしまうという結果になりがち。しかし「解説動画」なら、シンプルなイラストを使った、誰もが理解しやすい動画表現によって、視聴者へ企業の目的を具体的に伝えることができます。「解説動画」は、ブランドの目的を明確に伝える有効なツールなのです。

 

  1. リアクションと関心を引き出せる

ビジュアル的に綺麗だったり、映像的に面白かったり。さまざまな情報が溢れているソーシャルメディアの中では、瞬間的に気に留めてもらうにはどうすればよいのか?「解説動画」なら可能です! 科学的なノウハウを駆使して、冒頭から最後まで、関心を引くことに長けています。それをFacebookやTwitter、Instagramアカウントに投稿すれば……もうお分かりですよね。視聴者の共感があれば、短時間で効率よく、期待するターゲットの「いいね!」が得られることも期待できるでしょう。

 

  1. 情報の記憶をサポートできる

Facebookに載っていた記事を誰かに伝えたいけど、いざ話そうとすると覚えていなかった……。そんな経験はありませんか? 人は「視覚で直感的に理解できる要素」を好むのです。

見たことの80%は覚えていますが、読んだことは20%しか覚えていないという調査結果もあるくらい。だから、イラストなどのクリエイティブで説得力のある視覚要素をふんだんに取り入れた「解説動画」は、より記憶に残りやすくなります。普通なら覚えていられない難しい社会問題や、技術的な専門用語でさえ、「解説動画」に盛り込めば、楽しく、見やすく、記憶にも残るので、誰かに共有しやすくなるでしょう。

 

  1. ブランドの個性をアピールできる

最後に、「解説動画」のノウハウを活用すれば、ソーシャルメディア上でもブランドを明確に打ち出すことができます。ブランドの個性をアピールし、ビジネスへの信頼感を高めるためには、視聴者の共感を得ることが不可欠。その共感によって視聴者は少しずつ、でも着実にブランドへ対して親しみを持ち、事業内容について「もっと知りたい」と感じるのです。

ソーシャルメディアで解説動画が有効な理由、お分かりいただけたでしょうか?

魅力的でクリエイティブな解説動画をつくることは、マーケティング担当者の優先事項と言えるでしょう。でも、どうやって解説動画をつくればよいのかわからない……という方は、ぜひ私たちsimpleshowにお任せを。

3〜4分という短時間で、難しいトピックもシンプルに伝えることができ、さまざまなソーシャルメディアで展開可能です。ぜひ、お気軽にご連絡ください。皆さまのお問い合わせをお待ちしております!

 

お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 050-3649-8880
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。