fbpx

3分で180万語の価値がある!?

 

あなたは「アーティチョーク」を料理したことがありますか? 先日、私は初めて挑戦しました。スーパーマーケットでたまたま見かけ、好奇心の赴くままに2つ買ったのです。家に帰り、このヘンテコな野菜をキッチンで目の前にして、自分の無知がつくづく悲しくなりました。どのように調理すればよいか、検討もつかないのです。

 

私は考えました。食通の友達か、実家の母に電話する? とんでもない! これは、10代の女の子が大人っぽいアイメイクのコツを知りたい時と同じ。

「とにかく誰かに聞けばわかる」ような問題ではないのです。

そこで、YouTubeを検索しました。なぜ、YouTubeを選んだのか? それは、写真とテキストだけの料理投稿サイトより、YouTubeの方がわかりやすく、何より短時間で理解できるからです。

実際に私は、料理本やレシピサイトを読むよりもはるかに短い時間で、「アーティチョーク」を調理することができました。

 

動画が有効な論理的で生物学的な理由

「動画のチュートリアル」は、生物学的に道理に適っています。脳にとって、活字よりも動画を処理する方がはるかに楽。なぜなら、脳が日常的に処理しなければならない情報のほとんどが視覚から取り込まれる動画情報だからです。人の脳は、動画イメージを情報に変換するように条件付けられていて、文章を読む時と比べ物にならない速度でこなします。この昔ながらの習慣を、活用しない手があるでしょうか?

例えば、こちらをご覧ください。

 

 

文章は読んで理解するまで時間がかかります。

同じ情報なのに、イラストなら一目瞭然ですよね。

 

 

例えば、米国で行われた研究によると、たった1分間の「解説動画」の効果は180万語に相当するとか。びっくりですね。解説動画の専門家であるsimpleshowで働く私たちでも、すごく大きい数字だと思います。残念なことは、この数字がどこから算出されたのかは不明だということです。

「百聞は一見に如かず」ということわざに基づいているのか(1秒あたり24コマで、1分間1,440コマとすると144万語)、それとも「解説動画」に表示されるものすべてを説明するために必要な語数に基づいているのでしょうか? それはさておき……。

 

 

なぜ「解説動画」は文章より優秀なのか?

平均的な成人の読書家の場合、200語読むのに約1分かかるそうです。一方、「解説動画」は、イメージや記号、音楽、感情を使って、複雑な情報をもっと短い時間で伝えます。

この効率性こそが、特に企業向けメディアにおいて賢い選択肢とされる理由です。「解説動画」なら、複雑な概念を従業員や顧客へ簡単に伝えることができます。例えば、自社の製品やサービス、コンプライアンス規則、企業メッセージ、スタッフ研修など。時間と経費を節約することが目的なら、「解説動画」は最適なソリューションと言えるでしょう。実際にsimpleshowが手がけた、お客様の解説動画の例はこちらのページでご覧ください。

もし、アーティチョークの料理法に関する解説動画があれば、私は喜んで見たでしょう。YouTubeの動画は、わかるにはわかりましたが、何度も繰り返したり、止めたりする必要がありました。どうやら、解説動画ほど「中身が濃い」とは言えないのかも?

あなたも「複雑なテーマを短時間で伝えたい」を感じたら解説動画がおすすめです。ぜひ、私たちsimpleshowへご相談ください!

お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 050-3649-8880
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。