fbpx

大公開! eラーニング成功の秘訣

「eラーニング」への注目度が、ぐんぐん高まっています。

乗り越えるべき問題も浮上していますが、今のところ、学習のサポートや、従業員の研修、効率のよい知識の共有といった点においては、教室や会議室での講義より、eラーニングの方が優れていると言えるでしょう。

 

eラーニング」って何? どんなメリットがあるの?

「eラーニング」とは、例えば講師の動画と音声をストリーミング技術で視聴可能にした、学習サポートのことを言います。多くのeラーニングは、インターネット上に格納された大型の学習管理プラットフォームを使って、オンラインで提供されます。

ではなぜ、リアルの講義よりメリットがあるのでしょう? 簡単にご紹介します。

まず、教室へ出向く必要がないので、移動にかかる時間を学習にあてることができます。もちろん交通費も不要になりますし、移動に伴う二酸化炭素削減にも貢献できますね。また、勉強用に編集されているので、学習内容の品質を一定に保つことができ、それを、何度でも、複数の生徒へ向けて一斉に伝えることができます。

良いことづくめのようにも見えますが、注意するポイントも。

eラーニングシステムを構築するには、技術的なリソースが不可欠です。さらに、インタラクティブな学習形式にするのは難しいため、コミュニケーションを重視する学習内容には不向きとも言えます。導入する際は、伝えたい内容に合った使用法をしっかりと考えて、活用しましょう。

eラーニング」の効果を最大限に引き出すために

さあ、あなたも「eラーニング」の導入に挑戦してみませんか!? と、言うには、まだ早い。一番大事なのは、配信する講義の内容。受講生に向けて一方的なコミュニケーションになっては、そもそもの目的を達成することはできません。「わかりやすい」ことはもちろん、講義の目的に「共感」させることができるのかが、肝心なのです。

そこで活用をおすすめしたいのが、短くシンプルな「解説動画」。理解を助けるノウハウで、教えたい内容がコンパクトにまとめられるだけでなく、得られる知識と合わせて、視聴者の関心をかきたてることができます。授業自体のコンテンツとしてだけではなく、eラーニング受講の注意点やその目的なども、バッチリ共感してもらえるので、一石二鳥です。

以下に、eラーニングにおける「解説動画」オススメ活用法をまとめました。

 

(1)学習の目的を明らかにする

そもそも、eラーニングを導入する目的は明確にしておかなければいけません。もし研修向けであるなら、学習する内容が、組織の中でどう必要とされているのか? という理由を共有することが不可欠。そこで、概念や目的など、抽象的な物事を共感させることが得意な「解説動画」なら、eラーニングとも相性のよい「動画」と「音声」を使って、受講者がすべきことを効率的に理解させ、意思の統一とモチベーションアップを図ることが可能です。

 

(2)受講者の関心を引く

せっかくの講義内容も、受講者が飽きてしまって、eラーニングを途中で投げ出してしまっては元も子もありません。そのためには、情報をコンパクトにまとめることが重要。「解説動画」で、これらの条件をクリアできます。解説動画は、難しい内容であっても、シンプルなイラストをアニメーションで動かす演出を使って、わかりやすく、しかも短時間で伝えることに特化しています。そして見る人の注意を引き、飽きさせずに最後まで見せることができるのです。

 

(3)受講のストレスを和らげる

eラーニングは、新しいツールとして受講者の前に現れることがほとんどでしょう。そのため、受講者が新しいものに触れる中で抱える精神的ストレスにも、注意深く配慮しないといけません。では、どうすれば? この新しい学習環境を身近に感じてもらうための「導入」を設けるのです。例えば、丁寧なイントロダクションページをつくったりするのもいいでしょう。そしてそこに、「何を学べるのか? 」や「操作は簡単!」といった受講者の疑問やメリットが分かる「解説動画」があると、たった数分の動画で、受講者のeラーニングに対する意欲を高めることができます。

ここまで読んでいただいたあなたにはきっと、eラーニング運用を成功させるノウハウが身についていることでしょう! でも、eラーニングのことはわかったけど、解説動画はどうつくればいいのかわからない……という方は、ぜひ私たち、simpleshowへご相談を。たった数分で、難しいトピックを理解・共感してもらうことができます。ぜひ、お気軽にご連絡ください。皆さまのお問い合わせをお待ちしております!

 

お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 050-3649-8880
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。