国際的な“インターネットのアカデミー賞”こと「Webby Awards」でsimpleshowの解説動画が3年連続受賞!

2019年4月、株式会社simpleshow Japan制作の解説動画「Do you know how to make Matcha?(抹茶 – 誰でも楽しめる抹茶の魅力)」が、「Webby Awards(ウェビー・アワード)」のVideo部門 General-Video/How-To&DIYカテゴリにて、優秀賞(Webby Winner)を受賞いたしました。

◆Webby Awardsとは?( http://webbyawards.com
「Webby Awards(ウェビー・アワード)」は、国際デジタル芸術科学アカデミー(IADAS)が、年間を通じて最も評価すべきウェブサイトや作品を表彰する国際的な賞で、「ウェブ界のアカデミー賞」とも呼ばれます。1996年に始まり、今回で第23回となる「Webby Awards」は、全世界で2,000名を越えるIADAS有識者による審査の他、一般ユーザーによる投票でも受賞作が選ばれる点が特徴で、これまで世界的ミュージシャンのカニエ・ウェスト(’16)や、選挙にソーシャルネットを活用したバラク・オバマ元大統領(’13)、YouTubeやFacebook(’07)なども受賞しています。

例年、全世界から1万を超えるエントリーがある「Webby Awards」で、simpleshowは昨年及び一昨年も解説動画が特別名誉賞(Official Honoree)に選ばれており、3年連続の受賞となりますが、審査員によって選ばれる優秀賞(Webby Winner)は、初の受賞となります。

◆解説動画「Do you know how to make Matcha?」について
今回、受賞した作品「Do you know how to make Matcha?(抹茶 – 誰でも楽しめる抹茶の魅力)」は、抹茶の由来や「茶道」の魅力、そして点て方など、「抹茶」の基礎的な知識から簡単に楽しむ方法まで、シンプルに解説したものです。

現在、抹茶は伝統的な楽しみ方だけではなく、抹茶ラテといった新しい飲み方で、また抹茶スイーツといった形でも広く楽しまれています。そして、抹茶は海外への輸出量も増加しており、世界中で「Matcha」として愛されています。しかしながら、国内外を通して実際に抹茶を点てた経験のある方は多くなく、点て方自体を知っている方も少ないのではないでしょうか。

そこで株式会社simpleshow Japanでは、抹茶をより身近に楽しんでいただきたいと考え、「抹茶」解説動画の企画を立案。さらに、2020年の東京オリンピック/パラリンピックを控えた今、インバウンド需要の高まりを見据えて、日本独自の文化に親しみを持っていただくことも目的とし、緑茶の輸出量が10年で約4倍(※)になるなど、日本茶の普及が急速に広がっている海外へ向けて外国人向けの英語版と、日本語版での制作を行いました。
※緑茶の輸出量の推移:平成17年 1,096t、平成27年 4,127t(平成28年5月・農林水産省「茶をめぐる情勢」より)

【Webby Awards 受賞概要】
■受賞:優秀賞(Webby Winner)
■部門:Video部門 General-Video/How-To&DIYカテゴリ
■受賞者:simpleshow Japan
■クライアント:simpleshow foundation
■受賞紹介ページURL:
https://www.webbyawards.com/winners/2019/video/general-video/how-to-diy/

【受賞作品概要】
■タイトル:Do you know how to make Matcha?(抹茶 – 誰でも楽しめる抹茶の魅力)
■制作:simpleshow Japan
■URL:
https://www.youtube.com/watch?v=3E58kz_fHQ8(日本語版)
https://www.youtube.com/watch?v=5BRp9XpdL5s(英語版)
■動画の長さ:3分59秒(日本語/英語 共通)
■内容:初めて「マッチャのアイスクリーム」を食べたエマは、そのおいしさに感動! でも「マッチャ」が何か、よく知りません。そこへ日本通の友人・ヒロが現れて……。抹茶の由来や「茶道」の魅力、そして点て方など、「抹茶」の基礎的な知識から簡単に楽しむ方法まで、4分でシンプルに解説。視聴者が抹茶に興味を持ち、自分もやってみたい! と思ってもらえるように構成しました。

 



お問い合わせ

simpleshow Japan
Tel 03-6447-4485
Mon-Fri 9:30 - 18:30

動画制作と関係のない書き込みはご遠慮ください。